アフガニスタン元大臣がドイツで再就職

アフガニスタンで混沌とした状況が続く中、ある元アフガン高官が話題となっています。元大臣は退任後、ドイツで自転車配達員として働き始めました。

オレンジ色のユニフォームを着て自転車に乗るこの配達員は、ドイツのライプチヒ市で夕方からのシフトに備えています。以前、彼はアフガニスタンで通信大臣を務めていました。

元アフガニスタン通信大臣のサイド・サダト氏
「以前私は、人民に仕える大臣でしたが、今はリーフェランドの配達員として食事の宅配サービスをしています。人々に仕えるという点では今も前と同じです」

今年49歳で、ITと電気通信技術の学位を有するサダト氏は、昨年9月にドイツへ移住しました。しかし、ドイツ語が話せないため、IT通信関連の仕事に就くチャンスはほとんどありませんでした。

元アフガニスタン通信大臣 サイド・サダト氏
「私は、汚職大臣となって数百万ドルも稼いで、ここやドバイにビルやホテルを買ったりして、働く必要もなかったかもしれません。だが私は、心が平安で罪の意識に苛まれることもありません。私はこれを誇りに思っています」

タリバンがアフガニスタン政権を制圧した後、アフガン人は亡命を求めてドイツに逃げ始めました。

アフガン人はもうこれ以上戦争したくないのだと元大臣は言います。

元アフガニスタン通信大臣のサイド・サダト氏
「アフガンの人々は、戦争にも軍隊にもうんざりしています。20年間も、彼らは国際社会と共に、この終わりなき戦争を戦ってきました」

サダト氏は、2018年に退任するまで2年間、アフガニスタン政府で働いていました。

〈字幕版〉

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >