ワクチン接種後の顔面神経麻痺発症例 香港で合計171例

香港衛生署の発表したデータによると、中共ウイルスワクチン接種後に顔面神経麻痺の発症例が170例以上に上っています。

香港衛生署が8月に発表した安全監察報告書によると、7月に中共ウイルスワクチン接種後に顔面神経麻痺の疑いがある発症例を58例受理しました。うち、32例がシノバック製ワクチン、26例がファイザーのBNTワクチンを接種したものでした。

今年2月末以降、ワクチン接種後に顔面神経麻痺の発症例は累計で171例に上り、うち、83例がシノバックン製ワクチン、88例がBNTワクチンを接種したものです。

香港衛生署が7月に受理したワクチン接種後の副反応の報告は、711例に上ります。そのうち134人が入院治療を受け、4人が死亡しました。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >