独検察 スパイ容疑で学者の妻を起訴

独連邦検察は8月2日、ドイツイタリア人の女性を、約10年間にわたり中共の情報機関に情報提供を行っていたとして、スパイ容疑で起訴しました。

今回起訴されたクララ・K(Klara K)被告は、先月同じくスパイ容疑で拘束・起訴されたドイツの政治学者クラウス・L(Klaus L)被告の妻です。

ミュンヘンの裁判所に提出された起訴状によると、両被告は旅費や報酬を受け取る代わりに、中共の情報機関に情報提供を行っていました。検察によると、両被告は2010年6月から19年11月までの間、主に政治シンクタンクでのコネクションを通じて、ドイツの政府高官との接触から得られた情報を提供していたとされています。

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >