元大統領副補佐官「中共当局は窃取したデータで人々を脅迫」

米国トランプ前政権で大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)を務めたマシュー・ポッティンガー氏は8月4日に行われた上院情報委員会の公聴会で、中国共産党は米国及び世界から窃取したデータを利用して、政治家や民間人に対して影響力を行使し、脅迫しようとしていると警告しました。

ポッティンガー氏は、人々の機密書類を作成するのはソ連共産党の特徴だったが、北京当局による全世界のデジタルネットワーク、特に5Gネットワ​​ークにおける浸透により、人々に対する監視の水準をさらに高度化させたと述べました。

ポッティンガー氏は、中共は現在、全世界の数百万人におよぶ外国人の機密書類を作成し、収集したデータを利用して、人々に対し影響力を行使し、標的にし、脅迫し、報奨を与え、恐喝し、おべっかを使い、侮辱を与えるなど様々な手段で、最終的には人々を分断して、コントロールすると警告しました。

ポッティンガー氏はまた、「中共が窃取した機密データは、すべての成年の米国人及び一部の未成年者に至るまでの機密書類を作成するのに十分なほどだ。北京当局にとって、これらの手段は、軍事衝突を除く、様々な手段により攻勢をかけるいわゆる『政治戦(ポリティカル・ウォーフェア)』の方針に合致していると強調しました。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >