元大統領副補佐官「中共当局は窃取したデータで人々を脅迫」

米国トランプ前政権で大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)を務めたマシュー・ポッティンガー氏は8月4日に行われた上院情報委員会の公聴会で、中国共産党は米国及び世界から窃取したデータを利用して、政治家や民間人に対して影響力を行使し、脅迫しようとしていると警告しました。

ポッティンガー氏は、人々の機密書類を作成するのはソ連共産党の特徴だったが、北京当局による全世界のデジタルネットワーク、特に5Gネットワ​​ークにおける浸透により、人々に対する監視の水準をさらに高度化させたと述べました。

ポッティンガー氏は、中共は現在、全世界の数百万人におよぶ外国人の機密書類を作成し、収集したデータを利用して、人々に対し影響力を行使し、標的にし、脅迫し、報奨を与え、恐喝し、おべっかを使い、侮辱を与えるなど様々な手段で、最終的には人々を分断して、コントロールすると警告しました。

ポッティンガー氏はまた、「中共が窃取した機密データは、すべての成年の米国人及び一部の未成年者に至るまでの機密書類を作成するのに十分なほどだ。北京当局にとって、これらの手段は、軍事衝突を除く、様々な手段により攻勢をかけるいわゆる『政治戦(ポリティカル・ウォーフェア)』の方針に合致していると強調しました。

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >