四川省で豪雨 またもや通告なしの放水で深刻な水害

8月7日から8日にかけて、四川省の各地が豪雨に見舞われました。うち、達州市の渠県と大竹県の複数の村は壊滅的な被害を受けています。被災地の村民によると、ダムが夜中に事前通告なしに放水を行ったため、逃げる暇もなく、一部の人が流されたといいます。

四川省達州市では、渠県と大竹県の複数の村が深刻な水害に見舞われました。現場で撮影された動画によると、道路全体が濁流に飲み込まれ、建物の一階に位置する店舗は店内の商品が全て流されました。また流されそうになった人が間一髪で助けられ、多くの車両が浸水しました。

達州市の被災者によると、複数のダムが事前通告なしに同時に放水したため、少なくとも数十の村で水害外発生し、100万人以上が被災しました。洪水に流された人もおり生死不明ですが、中国のメディの報道は軽く触れただけだったといいます。

四川省達州市渠県三板鎮の商店主 楊さん
「大雨が降って、ダムが放水した。夜中の1時過ぎに、まだ寝ている時に大量の水が流れてきて、逃げられるわけがない。損失がひどい。家屋は2メートルも浸水し、多くの物が流された。店舗も数百軒流され、何も残っていない。今は水が引いたが、道路が寸断され、水道も電気も全部止まっている」

8日、大竹県では複数の地区で大量に水溜まりが発生し、通行止めとなりました。

四川省達州市大竹県の商店主
「こちらにダムが一つあるが、通告なしに放水した。月華鎮や廟壩鎮、清水鎮などは被害が深刻で、水位が非常に高かった。昨日、農村部の被害がひどかった。水の流量が多過ぎて、家屋も一部倒壊した。今日は雨が止んだので、水はすでに引いている」

中国メディアの報道によると、8月7日から8日にかけて、四川省の東部および南部地域で豪雨が発生し、8日13時の時点で、瀘州市、綿陽市、南充市、達州市、巴中市、甘孜県で121,600人が被災し、達州市では複数の列車やフライトが運行を停止しました。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >