当局による堤防破壊で浸水 地元住民怒り

中国北部の都市で、地元当局が河川堤防を掘り起こし、河川から洪水を放流しました。その際、地元住民が止めようとし、警察と衝突しました。

中国北部・河北省邢台市では、地元当局が河川堤防を掘り起こし、洪水を放流しようとしたため、地元住民との間で衝突が起きました。結果、家や農地が浸水しました。

ツイッターの投稿によると、この事件は8月2日に邢台市に位置する村で起こりました。地元住民は堤防撤去の通知及び被害による補償を受けていません。

匿名の地元商店主がNTDに語ったところによると、この地域は近くの貯水池からの排水により、すでに深刻な浸水被害に見舞われており、それに加え、当局は洪水を放流するために、村の堤防を密かに掘り起こしました。これにより、地元住民の不満が増大しました。安全配慮のため、地元商店主の声を加工しています。

河北省邢台市の地元商店主 匿名
「村は県庁所在地から遠く離れており、東北部に位置している。低地なので、洪水の被害は深刻だ。堤防をめぐって衝突が起き、村の多くの人が参加した」

河南省の他の洪水被害地でも、同様の事件が発生しました。

豪雨による水害で、河南省で最も大きな被害を受けた衛輝市新鄉村では、当局が夜陰に乗じて堤防を掘り起こそうとしたため、村民たちが自動車で進路を塞ぎ、阻止しようとしました。当局はショベルカーで自動車を損壊しました。

村民らは、「堤防保護巡視隊」を組織しました。堤防のパトロール中、夜中に堤防を破壊しようとする者を取り押さえました。

中国では、洪水に備えるため、地方政府が貯水池の水門を開いたり河川の堤防を破壊し、洪水を放流することが一般的になっています。裕福な地域を守るために、洪水を意図的に貧しい地域に排水することが多発しています。被害を受けた住民は通常、十分な補償を受けられないか、あるいはまったく補償を受けられないこともあります。

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >