米海軍第7艦隊 台湾海峡に軍艦派遣

海軍は7月28日、軍艦を中国と台湾を隔てる国際水域に派遣しました。このことにより、米中関係の緊張が一層高まるおそれがあります。

米海軍のミサイル駆逐艦「ベンフィールド」が、国際法に基づき、台湾海峡を通過しました。米軍艦の台湾海峡通航は、自由で開かれたインド太平洋に対する米国の関与を示すものです。

米海軍第7艦隊は、声明で「国際法が許す限り、いかなる場所でも飛行及び航行し、軍事行動を展開し続ける」と表明しました。今年に入ってから米軍艦による台湾海峡通航は今回で7回目となります。また昨年は13回でした。

これに対し、中共軍は「我々の空軍と海軍が米駆逐艦通航の全過程を追跡及び警戒していた」と表明しました。

 
 

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説
人間が考えるだけで、軍隊が攻撃を仕掛 ...
続きを読む >
 

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士
カナダの著名な人権派弁護士であるデー ...
続きを読む >
 

米議会で法輪功保護法案の審議開始

米議会で法輪功保護法案の審議開始
年の初めに、法輪功学習者の保護を目的 ...
続きを読む >
 

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」
北京清華長庚医院の青年医師王倬榕さん ...
続きを読む >