上海旅行団が新疆で隔離 強制収容所そっくり?

先日、新疆ウイグル自治区を訪れた上海からの旅行団が、中共ウイルス感染者と接触したとして、新疆アクス市で隔離されました。しかし、隔離場所が「強制収容所」に似ているとして物議を醸しています。

航空機内で中共ウイルスの感染者が発生したため、上海からのツアー客17人は「4次接触者」と認識され、7月11日から21日間、新疆アクス市の施設で隔離されました。ツアー客の一人が隔離施設の部屋の動画を投稿しましたが、部屋にはエアコンも扇風機もなく、建物外観は強制収容所と言われている建物と非常によく似ていることに気づきました。

新疆のイリ再教育センターで拘束されたことのあるカザフ族の実業家ディナさんは、ラジオ・フリー・アジア(RFA)の取材に対して、自身が拘束されていた「再教育センター」は上海のツアー客が投稿した動画の部屋と同じだったと述べています。

 
 

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説
人間が考えるだけで、軍隊が攻撃を仕掛 ...
続きを読む >
 

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士
カナダの著名な人権派弁護士であるデー ...
続きを読む >
 

米議会で法輪功保護法案の審議開始

米議会で法輪功保護法案の審議開始
年の初めに、法輪功学習者の保護を目的 ...
続きを読む >
 

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」
北京清華長庚医院の青年医師王倬榕さん ...
続きを読む >