鄭州地下鉄犠牲者の初七日 当局が献花場を封鎖

鄭州市で未曽有の大洪水が発生してから一週間が過ぎた7月26日、地下鉄5号線で死亡した近親者に献花する市民が当局の妨害を受ける事態が発生しました。

7月26日、地下鉄浸水事故による犠牲者の初七日を迎え、鄭州地下鉄沙口駅出口はあちこちから寄せられた花束とカードで埋め尽くされました。ろうそくで描かれた「7.20」の文字も見えます。

ある市民はメッセージカードに「地下鉄5号線は私の通勤路線でもあるから、(死亡した人たちと)すれ違ったこともあっただろう。今はただ、あなたが天国で二度と恐ろしい目に遭わないよう祈るばかりだ。どうぞよい旅を」と記しています。またある被害者の家族は「娘よ、お父さんはお前を連れて家に帰りたい」と書かれた看板を掲げてその場に立ち続けています。

河南省鄭州市の市民、張さん
「この年になるまで、このような大水は見たことがなかった。こんなに大きな水害は初めて見た。だから本当に辛い」

しかし市民らは、現地政府が献花場を壁で囲んで現場を見られなくするとは予測していませんでした。あるネットユーザーは、この様子を撮影した写真に、当局の暴力的な安定維持を意味する「維穏」の「維」を同音意義の「囲」に変え、「囲穏」と名付けました。

ある鄭州市民
「拍手しよう!すごいぞ!我々鄭州市民は勇敢になるべきだ」

勇敢な市民数人が26日の夜に壁を取り払いました。しかし翌日の午後、現場には再度囲いが設置されました。しかしこの時には献花の数がさらに増えていたので、パネルを増やさなければなりませんでした。

ある鄭州市民
「おそらく彼らは一面識もなかっただろうが、同じ列車に乗っていた。そして別の場所にも水害に遭ったことのある人がたくさんいて、数百万人が自分のことのように感じている。彼らは死んでしまった。彼らは私たちのすぐ近くで死んでしまった。みんなが哀悼の意を寄せるのがそんなにおかしなことか?彼ら(政府)は献花ができないようにあの場所にパネルを設置した。何をやっているんだ」

7月20日、河南省鄭州市が突然の大雨に見舞われ、地下鉄5号線五龍口駐車場付近で深刻な冠水が発生しました。18時ごろにたまった水が地下鉄線路に流れ込み、5号線を走っていた列車が沙口路駅から海灘寺駅の間で立ち往生し、車内に水がゆっくりと流れ込みました。

地下鉄5号線の水害によって14人が死亡したと中共政府は発表していますが、この人数には疑問が残ります。

26日、ある現地住民は5号線の車両が運搬されている様子を撮影しています。しかし撮影された動画の中の車両は偽装されているようにも見え、車両の緑色のラインの一部と車両番号の部分が隠されているほか、連結部分も黒い布で覆われています。

また、中共政府が発表した鄭州京広路トンネルの死亡者数についても疑問の声が上がっています。当局は現在のところ、犠牲者は6人だったと発表していますが、中共メディア自身が、レスキュー隊員は5日間でトンネル内から自動車247台を搬出したと報じています。

国務院の李克強総理が26日、水害対策・洪水防止作業会議を開催した際に、情報の「公開と透明性」の確保を求めたことについても、さまざまな憶測が広がっています。

 
 

中国の新卒者数が過去最高 依然続く就職難【禁聞】

中国の新卒者数が過去最高 依然続く就職難【禁聞】
中国の高等教育機関新卒者の数が、毎年 ...
続きを読む >
 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >