突然の電力再開により ボランティア救助隊員が感電死=河南省

複数の中国メディアの報道によると、洪水の被害が続いている河南省で7月26日、貴州省からのボランティア救助隊員が救助活動中に感電して死亡しました。

24日、貴州省出身の何国勇(か・こくゆう)さんは、会社が組織した救助隊の一員として、温州から1300キロも車を走らせて、河南省新鄉市(しんごう-し)入りし、25日夜から新鄉市で排水作業に取りかかりました。

7月26日午前1時15分、救助作業を行っていた際、感電して死亡しました。享年39歳でした。地元当局が事前通告なしに突然電力を再開したのが原因でした。

中国のSNSのあるチャットグループは、「ボランティア救助隊が水の中で救助活動を続けている中、地元当局が電力を再開し始めた。8人が感電した」と投稿しています。

投稿はまた、「これは政府ではなく、冥土黄泉(めいどこうせん)だ!」と続けています。

そして、「すべての救助隊は直ちに水から出てください! 衛輝市政府は電力の供給を再開した!」という仲間からの緊急警告も転載されています。

これに対し、「救助隊が水の中にいるのに、電力を再開するのは殺人ではないのか?」とのコメントも投稿されました。

感電したボランティア救助隊員の状況は、現在不明です。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >