エリクソンの5G事業 中国で大幅減収

スウェーデンの通信機器大手のエリクソンは、中共と欧米の対立の渦中にあります。エリクソンは、中国以外のほとんどの国で5G機器の導入を進めています。

16日には、米通信大手ベライゾンと80億ドル規模の契約を締結しました。これはエリクソンにとって過去最大規模の契約です。

しかし、中国での事業は順調に進んでいません。エリクソンは、中国での契約獲得には期待していないと表明しています。

エリクソンは、スウェーデンが中国の通信機器最大手ファーウェイの製品を使用禁止にした後、中国での売上が減少する可能性があると危惧していました。ファーウェイはエリクソンの競合企業のひとつです。

中国での第2四半期の売上高は25億クローナ(約319億円)減少し、3年ぶりの減収となりました。

この結果、同社の総売上高は市場予想を下回りました。また、このニュースを受けて同社の株価は一時8%急落しました。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >