H&M 新疆綿調達停止声明より中国で不買運動起きるも売上高回復

欧州の衣料品ブランドH&Mは、今年度第2四半期に売上を大幅に回復しました。中国西部の新疆ウイグル自治区での強制労働に対する懸念を表明したのが原因で、中共政府の怒りを買い、H&M製品の不買運動が行われているにも関わらず、売上の回復を実現しました。

スウェーデンのファッションブランド「H&M」が7月1日に発表した、第2四半期(3〜5月期)の売上高は465億スウェーデンクローナ(約6048億円)で前年同期比62%増となりました。

一方、中国での売上高は、中共政府が大きなマイナス要因となり、前年同期比で28%減少しました。

H&Mが新疆ウイグル自治区での強制労働について懸念を示し、新疆産の綿花調達を停止する声明を発表したことより、中共政権の怒りを招き、中国ではH&M製品の不買運動が行われています。

米政府は、中共によるウイグル人に対する残虐行為をジェノサイドと認定しました。

H&Mの不買運動が始まって間もなく、iPhoneの地図アプリを含む、中国のオンラインマップからH&Mの店舗が表示されなくなりました。

また、中国の配車サービス大手滴滴出行(ディディチューシン)では、検索してもヒットしません。

さらに先月、中共政府はH&Mをはじめとする大手衣料品ブランドが有害物質を含み、健康に悪影響を及ぼす可能性のある子供服を販売していると非難しました。

この結果、多くの中国人が衣料品を国内の生産者から購買しています。

昨年のH&Mグループの売上高に占める中国での売上高の割合は約5%でした。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道によると、H&M社は、中共に対抗した代償として、前年同期比で7,400万ドルの売上減を計上しています。

また、H&Mの株価は7月1日の取引開始時に約4%の下落を見せました。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >