アムネスティ最新報告 中国西部収容所の実態を暴露

アムネスティ・インターナショナルは6月10日に最新の報告書を発表し、中国西部の強制収容所で行われている拷問や、中共によって隠蔽された少数民族に対する残虐な扱いの詳細を明らかにしました。

報告書のタイトルは「中国:新疆当局のイスラム教徒に対する過酷な取り締まりは人道に反する罪である」です。

160ページに及ぶ報告書は、新疆の強制収容所の生存者55人と、強制収容所の元幹部を含む108人に対する取材に基づいて作成されました。取材を受けた生存者はいずれも、拷問を含む残酷で人格を侮辱する卑劣な扱いを受けたと語っています。

ある元強制収容所幹部によると、強制収容所の実態を隠蔽するため、2019年、当局の幹部は一週間の時間をかけて、事務室内にある全ての書類を焼却したといいます。

報告書ではまた、中共当局が「再教育収容所」を肯定的に伝えるために、海外のジャーナリストを招いて緻密にセッティングした現場を「参観」させたことにも触れています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >