FOX記者 会社は視聴者を欺いている

FOXニュースの記者は、自身の勤める会社が視聴者に情報を隠し、巧みに物語を作り上げていると非難しています。記者は現在停職処分を受けています。報道をご覧ください。

FOX26の記者アイボリー・ヘッカー氏は6月14日、テキサス州モンゴメリー郡で行われたライブ中継の中、思い切った行動に出ました。

FOX26のアイボリー・ヘッカー記者
「FOX社は、私の口を塞ぎ、取材した情報の一部を視聴者の皆さんに伝えないようにしている。調べたところ、このような目に遭っている記者は私だけではない」

その翌日、プロジェクト・ベリタスは「視聴者が騙されていることを見過ごせないので声を上げた」と語るヘッカー氏のインタビューを公表しました。

公表された中には、ヘッカー氏が録音したというディレクターの音声も含まれています。

OX26のアイボリー・ヘッカー記者
「FOXは、私の喉を押さえ込もうとしている。私が検閲に立ち向かったから」

この映像では、ヘッカー氏がユナイテッド・メモリアル医療センターのジョセフ・バロン医師に中共ウイルス患者の治療にヒドロキシクロロキンを使うことについて質問しています。

ヘッカー氏によると、この質問はするべきではなかったと言います。

ユナイテッド・メモリアル医療センター主任医師のジョセフ・バロン博士
「私たちはヒドロキシクロロキンを使用してきた。この薬が極端に政治化されていることは知っているが、使用しているよ。それを使用してかなりの成功を収めている」

FOX26のアイボリー・ヘッカー記者(報道ディレクター)(報道AD)
「実は、スーザンとリーが、新型コロナ(中共ウイルス)の治療を取材するために私をあの病院へ行かせたのよ。ただあの質問は、してはいけないことだった」

(録音)
「ヒドロキシクロロキンについて投稿するのは止めなさい。私が見る限り、あなたは記者として失敗した」

FOX26のアシスタント・ディレクターは後日、「重要なのは視聴者だけではない。私たちの最高経営責任者がどう考えるかが重要なのだ」と述べました。

NTDはこの出来事について番組に質問しましたが、まだ回答は得られていません。

ヘッカー氏は、会社で間違っていると感じた例を他にも挙げています。プロジェクト・ベリタスによると、ヘッカー氏は同局から停職処分を受けているといいます。

FOXニュースの記者がニュースルームの方針に公に反対したのは、今年に入って2人目です。

〈字幕版〉

 
 

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説
人間が考えるだけで、軍隊が攻撃を仕掛 ...
続きを読む >
 

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士
カナダの著名な人権派弁護士であるデー ...
続きを読む >
 

米議会で法輪功保護法案の審議開始

米議会で法輪功保護法案の審議開始
年の初めに、法輪功学習者の保護を目的 ...
続きを読む >
 

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」
北京清華長庚医院の青年医師王倬榕さん ...
続きを読む >