アップル 電気自動車(EV)用バッテリー供給について中国企業2社と協議中

アップル社が計画している電気自動車に、中国企業が重要な役割を果たすことになる可能性があります。

アップル社は、中国の製造会社 「比亜迪(BYD)」とハイテク企業 「寧徳時代新能源科技(CATL)」間で、電気自動車(EV)のバッテリー供給について初期段階の協議を進めていると報じられています。

これはロイター通信の情報筋によるものです。

車載用電池の世界最大手・CATL社はすでに米電気自動車メーカー・テスラとバッテリーの供給契約を締結しています。

BYD社は車載用電池の世界シェア4位の企業ですが、自社で自動車も製造しています。

しかし、アップル社はある厳しい条件を提示してきました。

情報筋によると、米国内で生産施設を建設することを条件としています。

この条件について、米中間の政治的な緊張が懸念されるため、CATL社は難色を示しているとされています。

関係する企業はいずれもコメントしませんでしたが、トレーダーらは注目しています。

アップル社とこれらの中国企業との協議詳細や、又合意に達するのかについては不明です。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >