EUと英国 広告の競争に関してFacebookを調査

Facebookは広告主のデータを利用し、自社サービスに有利な競争環境をつくっている疑いがあります。英国と欧州連合(EU)の規制当局は、Facebookが、自社の広告とデートサービス事業を拡大するために、ソーシャルメディア上での支配的な地位を乱用しているかどうか明らかにする意向です。報道をご覧下さい。

EUの欧州委員会と英国の競争・市場庁(CMA)は6月4日、競争法(独占禁止法)に違反している疑いがあるとして、別々にFacebookの調査を開始しました。

欧州委員会報道官/アリアナ・ポデスタ
「本日、Facebookが広告主から集めたデータを利用して、クラシファイド広告等の同社が活動する市場で、広告主である競合他社との競争を有利にするために、EUの競争規則に違反していないか評価する、正式な独占禁止法の調査を開始した」

一方、英国のCMAは、Facebookが広告やFacebookログインからデータを得て、それを自社の購買プラットフォームであるマーケットプレイスやデートサービスで不当な優位性を得るために利用しているかどうかを調査すると述べています。

ソーシャルメディア大手に対する調査が、このように連携して行われるのは稀なケースです。

EUは第二段階の調査も予定しており、Facebookが自社の案内広告(クラシファイド)サービスを自社のソーシャルネットワークと結び付けているかどうかを評価する意向です。

EUの調査はビッグテックを抑制するための最新の一撃であり、長年の懸念であるデータ乱用の問題にスポットを当てるものです。

FacebookはNTDに対し、「自社のマーケットプレイスとデートサービスは競争の激しい市場で選択肢を提供するものだ」と語り、今回の調査は無意味だと述べています。

〈字幕版〉

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >