中共 人権侵害批判した「米国際宗教自由委員会」の元メンバーに報復制裁

中共政権は最近、米国側の制裁に対して、あからさまな「戦狼」外交を展開しています。

中共外交部は5月26日、「米国際宗教自由委員会(USCIRF)」の元メンバー、ジョニー・ムーア(Johnnie Moore)氏に対する制裁を発表しました。これは、法輪功学習者を迫害したとして、中共政府関係者を米国側が制裁したことに対する報復措置だと見られています。

中共はムーア氏の中国本土、香港、マカオへの入国を禁じました。

今回の報復措置について、米国による制裁に対抗するためという以外に、なぜ特定の人物を標的にしたのか、詳細ついては明らかにしていません。ムーア氏は、「中共が黙らせようとしているウイグルのイスラム教徒、キリスト教徒、チベットの仏教徒、その他標的にされている多数の人々のために私が声をあげたことで、中共から制裁を受けるのは光栄なことだ」と語っています。

ムーア氏は、福音派の指導者であり、米国を拠点とする「Congress of Christian Leaders(コングレス オブ クリスチャン リーダーズ)」の会長を務めています。

「米国際宗教自由委員会」の報告書において、ムーア氏は強い口調で中共を批判しています。ムーア氏は、「中国が世界で一番の人権と信仰の自由の侵害者であることに疑いの余地はなく、世界のどの国とも比べものにならない」 と断じています。報告書では、キリスト教徒、ウイグルのイスラム教徒、法輪功学習者、チベット人仏教徒に対する中共の迫害に言及しています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >