フロリダ州 ビッグテックの検閲に新法成立で反撃

ビッグテック企業はフロリダ州民をプラットフォームから締め出すことについて考え直さなければならなくなりました。

太陽の州と呼ばれるフロリダ州の住民は、検閲に対してソーシャルメディア・プラットフォームを訴えることができるようになります。

5月24日、フロリダ州のロン・デサンティス知事はビッグテックに対してフロリダ州での検閲を禁止する法案に署名しました(上院法案7072)。フロリダ州は、この種の法を制定しようとする諸州の中で先陣を切った格好です。

ロン・デサンティスフロリダ州知事
「この改革により、全てのフロリダ州民はビッグテックに反撃する力を手にする。プラットフォームから締め出された場合、フロリダ州民はこの法律に違反したビッグテック企業を訴えることができる」

7月1日に施行される新たな法律に基づき、ユーザーへの救済措置として、裁判所が原告の請求を認めると、1件につき最高10万ドル(約1千万円)の賠償金が言い渡されます。

デサンティス州知事は、この法律はエリートやセレブのみならず、フロリダ州の一般の人々も保護すると述べています。

ロン・デサンティスフロリダ州知事
「シリコンバレーの巨大企業が、米国史上前例のない権力を我々州民に対して行使しているのが今の実状だ。現代の独占企業であるビッグテック企業は、20世紀初頭の独占企業よりはるかに大きな影響を私たちの社会に及ぼしていると言ってもよい」

デサンティス州知事は、ビッグテックが特に検閲の対象としているコンテンツは、ウイルスの起源に関する議論とパンデミックの中でのロックダウンの効果に関する議論であり、ビッグテックは、ウイルスが武漢ウイルス研究所の実験室から漏洩した可能性を示唆した人々に対してペナルティを科していると指摘しています。

ロン・デサンティスフロリダ州知事
「しかし昨年、人々が調査が必要だと疑問を提起したことを覚えているだろう。彼らは(武漢)実験室からの漏洩説を語ったためにプラットフォームから追放された。
それを言ったことで検閲されたのだ。ところが今、ファウチ氏でさえ、そのような可能性も排除できないと認めている。だったらビッグテックはファウチ氏を検閲する
か?」

ビッグテックによる選挙への干渉を防ぐために、新法では、州議会の選挙候補者のアカウントを凍結した場合、州政府はソーシャルメディア企業に1日当たり25万ドル(約2700万円)の罰金を科すことができます。

フロリダ州検察長官は、ビッグテックがこの法律に違反した場合、訴訟を起こすことができます。

ロン・デサンティス州知事は、他の州も後に続くと信じ「フロリダ州で始まったことは、フロリダ州で終わらない」と述べています。

〈字幕版〉

 
 

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説

中共の脳制御兵器開発 専門家がそのリスクを解説
人間が考えるだけで、軍隊が攻撃を仕掛 ...
続きを読む >
 

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士

北京五輪前夜 人権問題を注視せよ=カナダの人権派弁護士
カナダの著名な人権派弁護士であるデー ...
続きを読む >
 

米議会で法輪功保護法案の審議開始

米議会で法輪功保護法案の審議開始
年の初めに、法輪功学習者の保護を目的 ...
続きを読む >
 

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」

ある臓器移植手術に疑問「バイタルサインは良好だった」
北京清華長庚医院の青年医師王倬榕さん ...
続きを読む >