ウイルス蔓延の責任を追及 米ミズーリ州が訴状を中共に送達

中共ウイルスの世界的な蔓延によって、多くの国が甚大な被害を受け、各国が中国共産党の責任を追及するきっかけとなりました。 米ミズーリ州のエリック・シュミット司法長官は18日、中国共産党の3つの被告に対して、すでに訴状を送達したことを発表しました。

ミズーリ州は 昨年4月、中共ウイルスの感染拡大で莫大な被害を受けたとして、中共当局を提訴し、中共ウイルスによって引き起こされた「莫大な人命の損失、人的被害、経済的混乱」に対する損害賠償を求めました。米国の州で中国共産党を相手に訴訟を起こしたのはミズーリ州が初めてでした。

ミズーリ州に訴えられた被告は、中国政府、中国共産党、国家衛生健康委員会、中国科学院、武漢ウイルス研究所などです。

ミズーリ州のシュミット司法長官は声明で、主要な被告である中国共産党、武漢ウイルス研究所、中国科学院に対し、訴状などの書類を電子メールで送達したことを明らかにしています。 現在、外交ルートを通じて中共側と、裁判書類に関する問題に対応しているとのことです。 訴訟のタイムテーブルについては、まだ明らかにしていません。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >