ユニクロの綿製シャツ 米税関で差し止め=新疆綿使用の疑い

米税関・国境警備局(CBP)が今年1月に、ロサンゼルス港でユニクロの綿製シャツの輸入を差し止めていたことが19日、明らかになりました。

CBPの文書によると、これらのユニクロの男性用綿製シャツは、新疆綿を使った可能性があるとして、1月5日にロサンゼルス港で輸入を差し止められました。

ユニクロは3月以降、対象製品の原材料には「新疆生産建設兵団(XPCC)」が関わった綿が使用されていないと反論する手続きを行いましたが、CBPは「新疆地区の強制労働による製品が使われていない証拠が十分に示されていない」として、訴えを退けました。

今年1月13日、米政府は中共傘下の準軍事組織である「新疆生産建設兵団」が生産する新疆綿を輸入禁止のブラックリストに掲載しました。禁止令に基づくと、新疆綿を使用していると疑われる製品については、中国からの直輸入または第3国経由の間接輸入にかかわらず、税関職員は輸入を禁止することができるとしています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >