北京の陳情局前で 陳情者が焼身自殺を図る

5月12日、陳情受付・処理機関である北京国家信訪局の入口付近で、陳情者の男性がガソリンをかけて、焼身自殺を図りました。

現場を撮影した動画には、集まっている陳情者の中から突然白い煙が立ち上り、人々が混乱している様子が映し出されています。

中国の人権擁護サイト「六四天網」の市民記者、王晶(おう・しょう)さんによると、陳情者の男性は自身にガソリンをかけて火をつけ、両足に火傷を負いました。警察は消火器を使って消火した後、男性を連行しました。

北京国家信訪局の前には当日、およそ1万人の陳情者が並んでいたと見られています。ある陳情者は、中南海の高官に対して、「人民は司法の腐敗によって絶望的な状況に追い込まれている。党中央の高官は中南海で悠々自適な生活を送るべきではない」と叫んでいたといいます。

今回の焼身自殺事件は1万人以上の目撃者がいましたが、インターネット上にはこの事件に関する動画やニュースがほとんどありません。

広西チワン族自治区の人権活動家、李燕軍(り・えんぐん)さんは、「共産党は全てを隠しておきたいと思っており、現場で写真を撮ると逮捕されてしまう」と述べ、中共政権の下で、庶民は追い詰められて途方に暮れていると嘆いています。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >