サイバー攻撃された米最大の石油パイプライン 復旧再開に全力を投入

米国最大の石油パイプラインがサイバー攻撃により操業停止に追い込まれた後れた後、復旧と再稼働に向けて取り組んでいます。操業停止が長引けば、米国南部や東部地域への石油供給は深刻な影響を受けます。

米石油パイプライン最大手であるコロニアル・パイプラインがサイバー攻撃を受け、5月7日、全面的に操業を停止しましたが、まだ再開の見通しは立っていません。現在、再開計画を進めています。

コンピューターセキュリティー会社Xact IT ソリューションズCEOのブライアン・ホーナン氏は次のように語ります。

Xact IT ソリューションズ創業者・最高経営責任者/ブライアン・ホーナン
「この攻撃の背後にいる集団が「ダークサイド」であることは分かっている。彼らは特に大企業、巨大企業を攻撃目標にしている。ターゲットを攻撃する前に周到な事前調査を行い、膨大な準備作業を行うのだ」

ダークサイドは、ロシア語圏の国で活動していると考えられている犯罪集団です。

匿名性保持や追跡回避などの技術が使用されている「ダークウェブ」でのみアクセスできるそのサイトには、医療・葬儀・教育の関連機関など、自らの「原則」に基づき、攻撃対象から外す組織をリストアップしています。

コロニアル社に対する犯罪は、「ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)」による攻撃です。

Xact IT ソリューションズ創業者・最高経営責任者/ブライアン・ホーナン
「ネットワーク上の全データが暗号化されており、開くことができない。全てのデータが文字化けして、判読不能なテキストに変えられている」

暗号を解読できるのはおそらくダークサイドだけです。

コロニアル・パイプラインはメキシコ湾岸の製油所と米国南東部地域を結び、1日250万バレルの燃料を輸送しています。

5月10日の午後、今週末までに操業再開を目指すとの声明が発表されました。

サイバーセキュリティー専門家のキートロン・エバンス氏はサイバーテロについて、次のように述べています。

インフォセック社の主席セキュリティ研究員/キートロン・エバンス
「あらゆるデータ侵害の可能性から、身を守ることは絶対に不可能だ。しかし、情報がどのように侵害されたのか、彼らが何をしていたのか、情報が出てくれば、いずれ明らかになるだろう」

コロニアル社は、迅速かつ安全にパイプラインを復旧させるために全力を投入し、パイプラインセグメントを一つ一つ復旧していると述べています。

〈字幕版〉

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >