豪 米国から20億ドルの武器を購入へ

米国から20億ドルの武器を購入へ

豪州は、米国との武器売却取引にまもなく署名する予定です。

この協定により、豪州政府は20億ドル(約2100億円)相当の武器を購入することになります。これには最新鋭の戦車160両と重輸送型のヘリコプター4機が含まれます。

今回の取引により、豪州が保有する主力戦車「M1A1エイブラムス」の数は3倍以上に増加します。(戦車の保有数:取引前59両、取引後219両)

この動きは、最近行われた両国間の武器取引に引き続いた形です。

先月、米国は豪州空軍へ無人航空機MQ-9Bスカイガーディアン12機の売却を承認しました。その総額は約17億ドル(約1800億円)でした。

この取引は、インド太平洋地域の情勢が緊迫化しているなかで行われました。昨年、豪州のスコット・モリソン首相は、同地域における中共の侵略行為に対応するため、国防軍に2,700億豪ドル(約20兆円)を拠出することを表明しました。

またモリソン首相は、今後国防費が対GDP比2%を下回ることはないと発表しました。

 

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >