「2021年戦略的競争法」米議会で中共への対抗を強化する新法案可決

米議会は、中共に対抗する超党派の取り組みを強化している。上院外交委員会は人権経済競争において、中共政権に圧力をかける新法案を推し進めている。パトリック・ヘイデンがお伝えする。

米議会では、超党派による中共への対抗を強める動きが加速している。上院外交委員会は人権と経済競争において、中共政権に圧力をかける「2021年戦略的競争法(the Strategic Competition Act of 2021)」を圧倒的多数で可決した。

水曜日(4月21日)、上院外交委員会はこの法案の要件について審議した。中共政権に対する戦略を明確化するにあたり、クリス・バン・ホーレン民主党上院議員は厳しい意見を述べた。

メリーランド州民主党上院議員/クリス・バン・ホーレン
「彼ら(中共)は、経済的影響力を利用して、ルビオ上院議員が評する『重商主義的な海外戦略』に一帯一路と連動させて参入し、経済的支配を強めるだけでなく、権威主義的支配モデルをも輸出しようとしている。だからこの法案はきわめて重要な取り組みだと考える」

クリス・バン・ホーレン議員は、グローバルな通信網に対する中国の影響力についても懸念を表しました。

メリーランド州民主党上院議員/クリス・バン・ホーレン
「5Gに対抗しようとする欧州の同盟国で、何が起きているかを私たちは目にしたが、アフリカや世界中の各地域では、ファーウェイ(華為技術)が支配的な地位を築いている。彼ら(中共)は現在、アフリカの4G市場で70%のシェアを握っている。したがって採択された修正案の一つは、開発融資に関してより優れたデジタル戦略を要求することだ」

ジョン・バラッソ共和党上院議員は、安価な化石燃料を推進することが、中国にとって強い追い風になっているという。

ワイオミング州共和党上院議員/ジョン・バラッソ
「一帯一路、それは全て石炭火力発電所のためのものだ。それこそ彼ら(中共)が世界中を借金漬けにしながら進めていることだ。現在、グローバルな石炭火力発電所10か所のうち7か所は中国(共)資本によるものであり、それらは認可済みか建設中のどちらかだ」

ジョン・バラッソ氏は、米国が低炭素エネルギー・プロジェクトの推進を支援しないため、低コストの電力を求める国々は中共に頼ろうとすると述べ、そういう国々は結局中共の債務国となり、そこに問題があると指摘した。

上院外交委員会は、賛成21、反対1で「2021年戦略的競争法」を可決した。法案は上院に送付され、本会議で審議されることになる。

〈字幕版〉

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >