中国スーパーコンピュータ企業7社 米国ブラックリストに登録

米商務省は4月8日、スーパーコンピュータの開発に携わる7社の中国企業が中国共産党軍の兵器システムの近代化に関与したとして、米国の経済的ブラックリストに登録したことを発表しました。

今回、米商務省のエンティティ・リスト(禁輸対象企業リスト)に登録されたスーパーコンピュータの開発に携わる中国企業は次の7社です。

天津飛騰信息技術有限公司(Tianjin Phytium Information Technology)、国家高性能IC上海設計中心(Shanghai High-Performance Integrated Circuit Design Center)、深圳市信維微電子有限公司(Sunway Microelectronics)と済南市、深圳市、無錫市、鄭州市にある国立スーパーコンピューティングセンターです。

米商務省は、これらの企業が中共軍が使用するスーパーコンピュータの構築に参与し、中共軍の近代化の実現に関与したとしています。また、大量破壊兵器プログラムに使用されるスーパーコンピュータの構築にも参与していたとされています。

米商務省のジーナ・レモンド長官は声明で、「スーパーコンピューティング機能は多くの国家及び全ての近代兵器や国家安全保障システム、例えば核兵器や高超音速兵器の開発にとって、非常に重要なものだ。中国が軍の近代化のために米国の技術を利用するのを防ぐため、米商務省は全ての権限を行使する」と表明しています。

トランプ前政権下で、米国はファーウェイ、中芯国際集成電路製造(SMIC)、大疆創新科技(DJI)を含む数十社の中国企業をエンティティ・リストに登録しました。

エンティティ・リストに登録された企業は、米国のサプライヤーから輸出品を入手しようとする場合、米商務省に許可証を申請する必要があり、厳しい審査と制限を受けることになります。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >