中国企業 Appleの新方針の回避を試みる

中国の大手テック企業が、新たに導入されるAppleのプライバシー方針を回避しようとしていると報じられています。その目的は、ユーザーの同意を得ずに、データの追跡を続けるためです。Appleは、ユーザーのプライバシー向上のため、数週間のうちにiPhoneをアップデートするとしています。

Appleがこの春から導入する新方針によって、アプリ開発企業がアプリやWebサイトを通じてユーザーのデータを追跡する場合、事前にユーザーの許可を得ることが必要となります。このデータは、ユーザーにターゲットを絞った広告を提供するために使用されます。

一方、中共当局の管理下にある「中国広告協会」は、プライバシー保護対策を回避するためのツールを開発しています。

WeChatの開発元であるテンセント(Tencent)やTikTokの開発元であるバイトダンス(ByteDance)などの中国のハイテク大手企業は、すでにこのツールのテストを実施しています。

このツールを使えば、ユーザーの同意なしにオンライン上の行動を追跡し続けることができます。なぜなら、ほとんどのユーザーはオンライントラッキングに同意しないと考えられるからです。

フィナンシャル・タイムズによると、新プライバシー方針の導入により、中国の広告市場を含むオンライン広告業界に数十億ドル規模の打撃を与えると考えられています。

Apple社は声明を発表し、「ユーザーを追跡する場合は、ユーザーの許可を得なければならない。App Store(アップストア)の規約やガイドラインは、世界中のすべてのアプリ開発者に適用される」と表明しています。

フィナンシャル・タイムズは、中国のアプリ開発企業がセキュリティ対策を回避しようとしているか否かについては言及していません。

NTD Japan

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >