中共外交部 英大使を呼び出し抗議

中英関係が悪化し続けています。英国の駐中国大使が、メディアの報道の自由を守る記事を投稿したことで、3月9日、中共当局に呼び出されました。

先日、キャロライン・ウィルソン英国大使は、北京・英国大使館の微信WeChat)の公式アカウントに投稿した論説で、外国メディアによる中共政府批判は、中国を嫌っているということではないと説明しました。

これを受け、中共外務省はウィルソン大使を呼び出し、大使の投稿内容は容認できないと非難しました。さらに、「中国の政府と国民がかねてから反対してきたのは外国メディアではなく、『報道の自由』と『言論の自由』を旗印にフェイクニュースをでっち上げ、中国、中国共産党、中国の制度を悪意をもって非難する間違った行為だ」としています。

これに対して、ウィルソン大使はツイッターで次のように応えました。
「私は自分の記事を撤回しない。先日離任した駐英中国大使は、英国の主要メディアに170以上の記事を自由に掲載できた。彼がそれらを撤回しないことは疑う余地がない」

先月、中共当局は、新疆ウイグル自治区におけるウイグル人に対する迫害について一連の報道を行ったBBCワールドニュースの中国での放送を禁止しました。

これは、英国内のメディアの放送規制を行う情報通信庁(Ofcom)が、中共の国営テレビCGTNの英国内の放送免許を取り消したことに対する報復行為と見られています。

英国情報通信庁は、CGTNは中国共産党によって統制され、英国の放送法に反すると説明しています。

NTD Japan

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >