トランプ弁護団の弁護士 キャンセル・カルチャーに直面

弾劾裁判におけるトランプ弁護団の弁護士がロー・スクールや公民権法団体から閉め出されました。この弁護士は、信念を貫いたために、人生にとって重要な要素である二つのものを奪われてしまったと述べています。

デービッド・ショーン弁護士は上院で、トランプ前大統領を弁護した後、キャンセル・カルチャー(ボイコット)の標的とされました。ショーン氏はこの秋、ロー・スクールで公民権法の講義をすることになっていましたが、ロースクールは彼が弾劾裁判で弁護を行ったため、講義の許可を出しませんでした。

トランプ前大統領の弾劾裁判弁護士/デービッド・ショーン
彼らは私の書簡を評価しつつも、率直に言って、学生や教職員の中には不快に思う人たちがいるので、講義はできないと言っている。

ショーン弁護士は授業を楽しみにしていたため、とても悲しい事だと述べています。また、ショーン弁護士は公民権メール討論弁護士リストからも削除されました。

トランプ氏の弾劾裁判弁護士/デービッド・ショーン
彼らは48時間かけて理事会等と協議した上で、私をリストから一時外す必要があると決めた。そこで私は、そのリストから外されてしまったのだ。そのリストには著名な法律家と素晴らしい人たちがいるので、私にとって、とても大切なものだった。

ショーン氏は、彼を排除したロー・スクールや、公民権団体の名前を挙げることは控えましたが、弾劾裁判は行うべきではなかったと言い、民主党議員が提出した証拠は、証拠に値しないという自らの主張を曲げませんでした。トランプ前大統領は、弁護に対して感謝の意を表したとショーン氏は言います。

トランプ氏の弾劾裁判弁護/デービッド・ショーン
(トランプ氏は) いつもとても親切に対応してくれて、裁判中は日に二、三度彼と話したが、とても協力的だった。

トランプ氏の3人の弁護士のうち2人は、弾劾裁判の後、まわりからの圧力に直面しています。マイケル・ヴァン・デル・ヴィーン弁護士の家は損壊を被り、100件以上の殺害予告で脅迫されたと言います。

ヴィーン弁護士がNewsmaxに語ったところによると、子供たちを秘密の場所に隔離し、保護するために武装警備員を雇ったが、子供たちは元気だと述べました。


NTD Japan