ドイツでも中共メディア「CGTN」の放送停止

英国の通信大手ボーダフォンのドイツ法人は、2月12日、英放送通信庁(Ofcom)が中共メディアCGTNの「放送免許」を取消したため、CGTNのドイツでの放送を停止すると発表しました。

ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州ドイツ監視管理当局のスポークスマンは、中国のCGTNはもはや有効な放送免許が無いと述べました。

「国境を越えるテレビジョンに関する欧州協約(European Convention on. Transfrontier Television)」によると、テレビ局は、加盟国のいずれかが放送免許を取得していると、他のすべての加盟国で放送権利を有します。CGTNのドイツでのこれまでの放送許可は、英国の免許に基づいたものなので、英国での免許停止に伴い、ドイツでのCGTNの番組放送も直ちに停止されました。このことは、欧州全域でCGTNの番組放送が停止される可能性があることを意味します。

2月4日、英放送通信庁は、CGTNの放送免許を取消しました。その理由について、英放送通信庁は「公平性と正確性に関する苦情の調査結果で、CGTNの営業許可の持ち主はスターチャイナメディアだが、CGTNの番組編集権は無く、CGTNは中共に支配されていると判断した」と述べました。

中共国家ラジオテレビ総局は2月12日、免許取消しへの報復措置として、中国と香港でのBBCの番組放送を禁止しました。

欧州連合(EU)は13日声明を発表し、BBC国際放送の禁止を解除するよう中共当局に呼びかけました。EUは、中共のこの行動は「中国における情報伝達と言論の自由をさらに制限している」とし、中国の憲法と世界人権宣言に違反していると指摘しました。

EUは声明の中で、BBCの香港での放送禁止は「香港の権利と自由をさらに侵食することになる」と示しました。


NTD Japan

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >