FacebookのCEO リークされた動画でバイデン氏を称賛

我々は、FacebookのCEOが新政権を称賛する映像を入手しました。この映像は、監視団体プロジェクト・ベリタスが公表したFacebookの社内会議のものです。

新たにリークされた動画で、Facebookの最高経営責任者(CEO)マーク・ザッカーバーグ氏は、バイデン大統領の執行命令を称賛しています。そのうちの多くは、トランプ前大統領の大統領令を覆すものでした。

Facebookの最高経営責任者 / マーク・ザッカーバーグ
バイデン大統領は、就任初日にいくつかの大統領令を発したが、それはわれわれが一企業としてかねてより深く関心を寄せてきた問題、たとえば移民、若年移民強制送還免除措置(DACA)の維持、イスラム系諸国からの入国制限の撤廃等の問題にかかわるものだ。

彼は気候変動や、人種間の平等・正義に関するバイデン大統領の行動にも言及しました。同じミーティングでグローバル事業部長は、トランプ大統領を、プラットフォームから閉め出すというFacebookの決定は、国外から集中砲火を浴びていると述べています。

Facebookのグローバル事業部長 / ニック・クレッグ
理想を言えば、われわれ自身でこれらの検閲決定を下すのではなく、われわれに適合し、民主的に合意された、規則と原則に従うという形で決定を下した方がいい。ただ現状では、民主的に合意された規則というものが存在しない。随時われわれが、決定を下していかざるをえないのだ。

Facebookの公民権担当副社長は、Facebookはつねに公民権を考慮して、商品とサービスを提供すべきだと提案しています。

Facebookの公民権担当副社長 / ロイ・オースティン
Oculus(オキュラス)のソフトを使って、警察に制止され、尋問され、逮捕される若い黒人男性の気持ちを、白人警官に理解させることができないかと考えている。主要な決定は、すべて公民権の視点から行ってほしい。

1月上旬に撮られた動画で、保全担当副社長は、Facebookが危険と見なすスピーチをどのようにして特定するかを説明しています。

Facebookの保全担当副社長 / ガイ・ローゼン
私たちには、ヘイトスピーチや暴力を含むスレッドを検出した場合、そのスレッドのコメントを凍結することができるシステムがある。保全部門への投資の一環として過去3・4年かけて構築してきたものだ。

私たちは、Facebookにコメントを求めましたが、現時点ではまだ回答は得られていません。

非営利監視団体プロジェクト・ベリタスは、これらの動画をリークしたFacebookの内部告発者は、まだ社内に留まっていると言います。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >