【映画】電波ジャック ー50分の真実

『電波ジャック − 50分の真実』(原題:Eternal Fifty Minutes)は 、カナダのNew Realm Studios(新境界影視公司)が制作した長編映画『Coming for You』の第2部です。

この映画は、法輪功修煉者のグループが2002年、情報封鎖下にある長春市で約50分間の法輪功の真相映像をテレビ放送した物語です。

また中国共産党が法輪功に対する誤ったプロパガンダを拡散した経緯についても触れられています。

 

🔷🔶背景🔷🔶

中国共産党は、中国内のメディアを完全に統制し、虚偽の情報を広め、法輪功に対する国民の憎悪を扇動し、法輪功を根絶するための暴力的な活動を強化しました。

迫害をやめるよう政府に平和的に請願した無数の人々が逮捕され、拷問を受けました。

すべての合法的な請願方法が遮断された環境下で、2002年春、法輪功修煉者のグループが吉林省長春市の住宅地にケーブルテレビ放送機器を設置しました。

彼らは法輪功に関する番組を8つのテレビチャンネルで約50分間放送し、10万人以上の視聴者に配信しました。

人々はお互いに電話をかけて知らせ合い、テレビをつけました。放送の噂が広まるにつれ、ますます多くの人々が視聴しました。

送信元を特定できなかったため、中国共産党の職員は(市街地の)電源を遮断し、街頭は暗くなりました。

一部の地域では、法輪功迫害が終わったと思い外に出て祝いました。

法輪功修煉者たちは外に出て、法輪功に関する真相資料を配布し始めました。

近所の人、子供、そして地域の役人でさえ、修煉者に近づきました。

誰もがこの出来事について話し、修煉者を祝福する人もいました。「法輪功は本当に素晴らしい!どうやってやったの?」

メイキング映像

 
 
 
 

目から流血している洪水被害者を心配する声=河南省鄭州市

目から流血している洪水被害者を心配する声=河南省鄭州市
中国河南省鄭州市の地下鉄構内で撮影さ ...
続きを読む >
 

鄭州で大洪水も中共メディアの扱いは小さく【禁聞】

鄭州で大洪水も中共メディアの扱いは小さく【禁聞】
河南省鄭州で記録的な豪雨が発生し、甚 ...
続きを読む >