米国人 主流メディアに不信感

ビジネス情報サイトのアクシオス(Axios)とPR会社のエデルマン(Edelman)の調査によりますと、米国人の半数以上が従来のメディアに不信感を抱いていると言います。

ソーシャルメディアへの信頼度はわずか27%で、過去最低となっています。エデルマン社の信頼度バロメーターの新しいデータは、なぜ米国人が主流メディアに不信感を抱いているのか、その理由を垣間見ることができます。

米国人の56%が以下のことに同意しています。つまり、「ジャーナリストや記者は、人々を誤解させようとして、意図的に虚偽であることを伝えたり、誇張したりしている」ということです。

また、58%の米国人は、「ほとんどの報道機関は、国民に情報を提供することよりも、イデオロギーや政治的立場に関心を持っている 」と思っています。

2020年の選挙後、共和党員の18%しかメディアを信頼していないのに対し、民主党員の57%はいまだにメディアを信頼しています。これはギャラップ(Gallup)とナイト財団(Knight Foundation)による別の調査で、86%の米国人がニュース報道に政治的な偏りがあると感じていることが分かりました。46%が 「大量の」、47%が 「かなりの量 」と感じています。

しかし、多くの人は、メディアは少なくとも「中くらいの量」或いは「大量の」であっても、分裂を修復することができると話しています。