中共外務省 ポンペオ前国務長官らに制裁措置?

中国共産党外務省は、マイク・ポンペオ前国務長官をはじめとするトランプ政権関係者に制裁措置を科すとしています。

この報復行動は、ポンペオ前米国務長官が中共による新疆ウイグル自治区のウイグル族への弾圧を民族大量虐殺(ジェノサイド )と認定した翌日(20日)です。

米新政権に指名されたアントニー・ブリンケン(Antony Blinken)国務長官は、19日の上院公聴会で、この認定に同意したと述べました。中共のウイグル人弾圧は国際的に非難を浴びています。収容所と大規模な監視システムのネットワークを介して行われています。

中共の報道官はポンペオ前国務長官と他27人に対する制裁について、彼らは「狂った行動」を行ったからです。米中関係を傷つき、中国人を傷つけたと主張しました。

指名されたアメリカ人高官とそれらの関係者は、中国本土、香港、マカオへの入国を禁止されます。制裁では、彼らと関連する企業が中国との取引を行うことも制限されます。