米議会合同会議 アリゾナ州の票集計をめぐる異議申し立て JOINT SESSION OF CONGRESS DEBATES ARIZONA

首都で暴力行為が起こる前、上下両院合同会議は票集計を始めていた。アリゾナ州の票集計をめぐって最初の異議申し立てが行われた。

NTDのクリスティーネ・キムがお伝えします。

ナンシー・ペロシ下院議長が大半の議員は中二階に行くように告げ、上下両院合同会議が始まった。

下院議長/ナンシー・ペロシ(NANCY PELOCY)
「このフロアーに臨席できるのは上院議員と下院議員、民主党員と共和党員、各11人です。それ以外の議員は中二階に行って下さい。誰がこのフロアーに座るか、各党の院内総務の指定に従ってください。」

いくつかの激戦州から送られた代替選挙人団をどのように扱うか、それを決める権限があるとの見方もある副大統領に最大の注目が集まっていた。しかしペンス副大統領は選挙人団の票の受理や拒否を一方的に決める権限を自分が有しているとは思わないと述べた。

トランプ大統領はこれに対し、ペンス副大統領は私たちの国と憲法を守る勇気がなかったと述べた。

上下両院合同会議はアラバマ州とアラスカ州の投票結果を認証し、両州ともトランプ大統領の票として集計された。3番目の州としてアリゾナ州が点呼されたとき、ポール・ゴサール議員率いる60名以上の共和党議員が異議を申し立てた。

正規の真正な情報と思われるアリゾナ州の選挙人票認証結果を集計することに異議はありますか?

下院議員/ポール・ゴザール(PAUL GOSAR)
「副大統領、私ポール・ゴサールは・・」

ペンス副大統領
「アリゾナ州選出議員、その趣旨は何ですか?」

下院議員/ポール・ゴザール(PAUL GOSAR)
「私は60名の同僚議員を代表し、アリゾナ州の選挙人票集計に異議を申し立てます。」

ペンス副大統領
「異議申し立ては上院議員の署名を付して書面で提出されていますか?」

下院議員/ポール・ゴザール(PAUL GOSAR)
「はい」

上院でアリゾナ州の票に異議を唱えたのはテッド・クルーズ氏でした。そこで上院と下院は別々に2時間の審議に入った。少数派党上院院内総務はこの会議は儀式にすぎず、さらに手続きを踏めばジョー・バイデン氏とカマラ・ハリス氏が大統領と副大統領に承認されると述べた。

上院院内総務/チャック・シューマー(CHUCK SCHUMER)「この自由で公正な選挙に対してまだ多くの議員が異議申し立てを画策している。彼らは少数派だ。彼らは負ける。負けることを知っている。異議申し立ての根拠となるべき広範な不正選挙の証拠を彼らは持っていない。何故なら証拠がないからだ。証拠はないんだ。」

テッド・クルーズ上院議員は異議を申し立てる理由を説明し、政党のいずれかを問わず、圧倒的な数の米国人がこの選挙は詐欺だと考えていると述べた。

上院議員/テッド・クルーズ(TED CRUZ)
「たとえあなたがその考えに賛同しなくても、わが国と将来の統治機構の合法性にとってこれは深刻な脅威であると認識すること、それが議会の責任であると私は考える」

彼は、もし立法者が選挙の違法性の主張を無視するなら、それが国民の半数にとって何を意味するかを熟考するよう他の議員を促した。議会で審議が行われている間、議場の外では抗議運動が暴力的になり、両院は閉鎖され、休止された。

NTDクリスティーネ・キムがお伝えしました。

 
 
 

ツイッター社「ツイートの検閲を世界規模に」

ツイッター社「ツイートの検閲を世界規模に」
報道調査機関のプロジェクト・ベリタス ...
続きを読む >