拘束中の記者数 中国が世界最多 国際組織CPJとMSFが年次報告書を発表

米国の非営利組織「ジャーナリスト保護委員会(CPJ)」と非政府組織(NGO)「国境なき記者団(MSF)」は先日、2020年度の年次報告書を発表しました。報告書によると、拘束されたジャーナリストの人数において中国が世界で最も多い国となっています。

「ジャーナリスト保護委員会」は年次調査報告書を発表し、12月1日の時点で、世界で少なくとも274人のジャーナリストが真実を報道したために拘束されており、この数値は過去30年で最高記録を更新しました。

中国は2年連続で、世界で最も多くジャーナリストを拘束しています。

中国で身柄を拘束されている47人のジャーナリストのうち、一部は長期の禁錮刑が言い渡されており、新疆ウイグル自治区で監禁されている者もいるとされています。

当局によって隠蔽・封殺されている疫病に関する情報を外部に伝えたことで、陳秋実氏、方斌氏、李澤華氏、張展氏など、少なくとも4人の市民ジャーナリストが、中共に逮捕されました。うち3人は行方不明のままになっており、張展氏は12月28日に当局によって懲役4年の有罪判決を言い渡されました。

中共当局はさらに、国際社会の報道の自由をも脅かしており、10数名の中国駐在のジャーナリストが国外追放または逮捕されました。
今年2月、米国に報復するために中共はウォール・ストリート・ジャーナルの中国駐在記者3人の記者証を失効させました。

また、豪中関係の緊張が高まる中、今年8月、中共の官制メディアCGTNのオーストラリア国籍のキャスター成蕾(チェン・レイ)氏が北京で拘束されました。

9月には、中国に駐在していた豪メディアの特派員2人が、中共国家安全保障局が深夜に訪問して恫喝したため、オーストラリア大使館の保護の下、緊急帰国しました。

12月、ブルームバーグ北京支局の中国人スタッフ、范若伊(Haze Fan ヘイズ・ファン)氏が、国家安全保障を危険にさらしたとして、中共当局によって拘束されました。

中共の国家安全部で10年以上働いていたオーストラリア国籍の作家・楊恒均(ヤン・ヘンジュン)氏は、2019年1月からスパイ容疑で中共当局によって身柄を拘束されています。

「国境なき記者団」が12月14日に発表した年次報告書によると、中共当局により逮捕されたジャーナリストの数は117人に上り、世界最多となっています。

 
 

北京で「反動」横断幕 世界的なニュースに

北京で「反動」横断幕 世界的なニュースに
中国共産党第20回党大会の開幕を3日 ...
続きを読む >
 

北京の横断幕事件 26歳男性が呼応 海外でも声援活動

北京の横断幕事件 26歳男性が呼応 海外でも声援活動
北京では13日、高架橋に反中共の横断 ...
続きを読む >
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >