バイデンの政権移行チーム 複数のフェイスブック元幹部を起用

今年の大統領選挙でテック大手は選挙不正を隠蔽し、非難の的となっています。ロイター通信は、GoogleFacebookなどのテック大手が、バイデン政権の上級職に人を据えるために裏で動いていると報じました。これについて、Facebookとマイクロソフトはコメントを控えており、AmazonやGoogleの広報担当者もこの情報を否定する形で対応しました。

ロイター通信は、Amazonの2人の幹部が、バイデン政権の国務省を担当する審査チームと行政管理予算局の担当チームのポストを与えられたと報じました。また、バイデン氏の政権移行チームの顧問弁護士を務めるジェシカ・ハーツ氏は、Facebookの元幹部でした。さらに、Facebookの元幹部オースティン・リン氏は、政府機関の運営状況を点検する役目を担う審査チームのメンバーに起用されました。

すでに、Facebookの元役員であるアースキン・ボウルズ氏が移行政権のアドバイザーを務めており、新型コロナウイルス対策調整官に起用したジェフ・ザイエンツ氏もFacebookの元役員でした。

バイデン氏が国務長官に選んだブリンケン氏は、多くの大手ハイテク企業と繋がりをもっており、情報筋によると、Googleはブリンケン氏が設立した会社の顧客であるといいます。ブリンケン氏はまた、2008年にジェイ・カーニー氏を支援し、カーニー氏はのちにバイデン副大統領の広報部長に任命されました。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >