フリン将軍が最高裁前でスピーチ「選挙結果を決定できるのは人民だけだ」

12月12日、大統領選で行われた不正に対する抗議とトランプ大統領への支持を表明するため、全米から数万人がワシントンに集まり、大規模なデモ行進と集会を行いました。元国家安全保障担当大統領補佐官のマイケル・フリン氏はこの集会で、米大統領選挙の結果を決定できるのは人民だけだと訴えました。

記者
「ここはワシントンDCの連邦最高裁判所の前です。今日は早朝から米国各地からたくさんの民衆が集まり、不正選挙に抗議するためのエリコ行進と祈りの集会に参加しています」

参加者らは早朝から、イスラエル人がエリコの壁を取り囲んだという聖書の記述にならって、最高裁判所、議会、司法省を同時に取り囲んで7回のデモ行進を行い、腐敗と不正選挙を象徴する城壁の崩壊を祈願しました。

午前10時半、トランプ大統領から赦免されたフリン将軍が、最高裁判所の集会現場に姿を現しました。

元国家安全保障担当大統領補佐官のマイケル・フリン氏
「この重要な時期に、我々は真実が虚言に勝ち、公正さが職権乱用と不正に勝ち、誠実さが腐敗に勝つことを祈らなければならない」

11日、テキサス州が四つのスイング・ステートの選挙に憲法違反があったとして起こした訴えが最高裁判所に棄却されました。テキサス州の司法長官はすでに、選挙に対する信頼と安全性を守り続けると表明しています。トランプ大統領も戦い続けると表明しています。

元国家安全保障担当大統領補佐官のマイケル・フリン氏
「後ろにある偉大な建築物とその機関(最高裁判所)と素晴らしい歴史は、米大統領選挙の結果を決定するものではない。我々人民こそが大統領選(の結果)を決定できる。これは人間、一個人に関わるものではなく、一つの理念、我々が一緒に参加する実践、つまり米国の実践に関わるものだ。ここは世界史上最も偉大な国家だ」

選挙中に複数のスイング・ステートで投票用紙の集計ソフトウェアによる不正が行われたことを暴露したマサチューセッツ工科大学のシヴァ・アヤドゥライ(Shiva Ayyadurai)博士は、自分の両親が自分を連れて米国に移住したのは、公平な法治社会を求めてのことだったが、人民の選挙権は現在、ディープステートとハイテク企業から盗まれていると述べています。

マサチューセッツ工科大学の統計学者、シヴァ・アヤドゥライ(Shiva Ayyadurai)博士
「ディープステートのエリートが推進した電子投票システムは、(不正な)コンピューターアルゴリズムによって我々の投票結果をコントロールできる。巨大ハイテク企業は分割すべきだ。我々は一人一票という権利を取り戻さなければならない。インドの不可触民の子どもである私はみなさんに言いたい。そうしなければ我々は哀れな奴隷になってしまうだろうと」

元議員のボブ・マキューエン(Bob McEwen)は今回の不正選挙が米国に与えた危害は深刻で、米国民は今危機から目覚めつつあると信じていると述べました。

元米国下院議員のボブ・マキューエン氏
「米国憲法は道徳と信仰心のある人のために定められたものだ。もし不誠実で堕落した人であれば、ニューヨーク、カリフォルニアを叩き潰し、さらには我々の国を壊滅させる恐れもある。我々はこれを阻止すべきだ」

当日の正午、ナショナル・モール、ワシントン記念塔、フリーダムプラザでは、民間人が計画した三つの大型集会とデモ行進が行われました。トランプ大統領はその知らせを受けると、大統領専用ヘリコプター・マリーンワンに急遽搭乗して集会場上空を何度も旋回し、民衆に謝意を表しました。