中共女性諜報員による米国社会へのさまざまな浸透手口【禁聞】

米国のニュースサイトAxios(アクシオス)は12月8日、中共諜報員の疑いのある人物が、オバマ政権時代に地方や連邦に所属する議員を含むさまざまな政治家に接近し交友関係を結んだと報じました。米国のある情報部門高官は、この諜報員の行動は「重大案件」であるとして、その理由を非常に(政治的に)敏感な人物が巻き込まれたからだと明かしています。

Axiosが12月8日に行った独占報道によると、この諜報活動の中心人物は方芳(ファン・ファン)、英語名はクリスティン・ファン(Christine Fang)という中国人女性で、2011年から2015年の間に方芳はカリフォルニア州の政界でベイエリアと全米から、前途ある優秀な政治家を発掘することを専門として活発に活動していました。

Axiosは1年にわたる調査の中で米国情報機関の高官4人を取材したうえ、22人の当選議員、政界人、そして自ら方芳に接触したことのある学生についても調査を行いました。

彼らによると、方芳は2011年にカリフォルニア州立大学イーストベイ校に入学し、そのキャンパスの中国学生会の主席とアジア太平洋公共事務連盟(APAPA)の主席に就任しました。方芳は立候補者のために選挙資金の調達を行ったほか、幅広い交友関係と「個人の魅力」などを駆使して、当選議員や著名人との関係を築き上げ、その後は米国市長の「エリア会議」に参加し、全米を網羅する政界人ネットワークに急速に食い込みました。

報道によると、方芳が最も精力的に接近を試みたターゲットの一人は、民主党カリフォルニア州のエリック・スワルウェル(Eric Swalwell)上院議員でした。スワルウェル議員の2014年の選挙活動中に、方芳は同議員の事務局を代表して資金調達活動を行ったほか、少なくとも実習生1人をスワルウェル議員の事務局に送り込んでいました。

2011年から2015年の間に、方芳はベイエリアの多くの著名政治家とつながりを持ち、2014年には民主党連邦議員でインド系のロー・カーナ(Ro Khanna)を支援して、ボランティアで選挙活動を行いました。報道によると、方芳がフェイスブックに投稿した活動のチラシから、方芳が2013年にハワイのトゥルシ・ガバード(Tulsi Gabbard)議員の資金調達をサポートしていたことが明らかになっています。さらにカリフォルニア州のジュディ・チュー(Judy Chu)議員と、当時の上院議員マイク・ホンダ(Mike Honda)氏とも一緒に写真を撮影しています。

Axiosによると、方芳は一部政府職員の習慣や好み、ソーシャルネットワークや彼らのスキャンダルに関するさまざまな個人データを収集していました。米国政府高官は方芳の米国での真の目的は、政治情報を収集し、米国の新人議員の中国問題に関する考え方に影響を及ぼすことだと考えています。

Axiosは、このケースは中共が米国政界に浸透するために尽力していることを示す証拠だと分析しています。彼らは「成果」を挙げるためなら時に、どれほどの費用や年月がかかってもこれを厭いません。「中共は現在の市長と市議会議員が、明日の州務長官や米国議員になる可能性があることを理解している」ためです。

自由主義法学者で、中国問題専門家の袁紅冰氏
「クリスティン・ファンという人物の行動は従来の意味でいう情報収集を行う諜報員のものではない。彼女は中共がオバマ時代、つまり中共に対して宥和政策が講じられていた時期に、西側が中共の暴政に対して感じていた警戒心のゆるみを利用して、社会に対する全面的な浸透を行い、米国社会のさまざまな情報を全面的に収集した。このケースは、新たな情勢下にある中共の諜報活動の典型的なケースの一つといえる」

方芳は米国情報部門が諜報員の疑いをかけた別の中共高官を監視しているときに、「ついでに」見つけた人物です。この高官は中共サンフランシスコ領事館を拠点としており、方芳はこの人物と何度も連絡を取り合って2012年にはサンフランシスコ領事館の「栄誉証書」を授与されました。これは彼女がカリフォルニア州立大学イーストベイ校学生会の主席だった時期に「卓越した組織力と指導力を示した」ことが評価されたものです。

米国在住の政治経済アナリスト、秦鵬(しんほう)氏は、このケースは改めて、米国における「学生・学者聯誼会」が中共統一戦線部門の管轄下にあることを示すものだと指摘しています。

米国在住の政治経済アナリスト、秦鵬氏
「領事館はこうした学生や研究者を通じて彼らに活動費を提供する。そうすると彼らは中共と非常に接近しなければならない。さらには彼らには、海外在住の中国系住民の監視や米国内のキャンパスや科学技術分野からの情報窃取といった任務が与えられる」

袁紅冰氏
「中共が世界各国に、特に民主主義国家に駐在させている機関は、いわゆる領事館であれ、外交事務部門であれ、それらの主な役割の一つは実際のところはその地域の中共諜報員の総指揮官となることだ。だから先日、米国政府が中共駐米国領事館の一つを閉鎖したのは、完全に方向性のある目的あってのことだ」

FBIが方芳に対する調査を行う直前になって、彼女は突然2015年に米国を離れ、それ以降米国に戻っていません。

しかし、11月7日に、突然フェイスブックの写真が更新され、米国に戻ってきたのではないかと疑われています。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >