中共が偽画像で豪州を中傷 米国「中共はモラルの最低ラインを超えた」【禁聞】

豪州が中共肺炎の発生源に関する調査を行うよう提案してから、中国と豪州の関係は悪化し続けています。先日、中共の戦狼外交官・趙立堅氏がツイッターに偽の画像を投稿し、豪州の兵士がアフガニスタンの子どもを虐殺したと非難しました。豪州の与野党は立腹し、中共に謝罪を求めています。米国務省の副報道官は、中共の行為はモラルの最低ラインを超えたと表現しました。

豪州政府はそれより前に、豪州の19人の兵士が非武装のアフガニスタンの囚人と民間人を殺害したために刑事訴訟の対象になると発表していました。

中共外交部の趙立堅報道官は11月30日、ツイッターに豪州の兵士が血だらけのナイフをアフガニスタン人の子どもののど元に突き付けている画像を貼り付け、「豪州の兵士がアフガニスタンの民間人と囚人を殺害したことにショックを受けた。我々はこの行為を強く非難し、当事者の責任を追及するよう求める」と投稿しました。

その後、この画像は中国の自称「戦狼画家」の「烏合麒麟」さんによる漫画で、事実ではないことが証明されました。

豪州のスコット・モリソン首相はその日、特別記者会見を開いて趙立堅報道官が投稿した画像はフィクションでねつ造されたものであり、これについて「激怒している」と非難したうえ、中共に対し謝罪とツイートの速やかな削除を要求しました。

豪州のマリス・ペイン外相は、自身のこれまでの職業生涯の中で、ソーシャルメディアのフェイクニュースを無数に見てきたが、今回の件は最悪だと述べています。

豪州の議員はモリソン首相に対し、駐オーストラリア中国大使の2/3を追放して、中共の行為は容認できないと表明すべきだと提言しました。

豪州メディアのデイリー・テレグラフは12月1日、第一面に天安門事件の際に撮影された「戦車の前に立つ男」の写真を掲載し、「この写真は本物です」と注釈を付けました。

豪州在住の中国史研究者、李元華氏
「豪州の政治家や国民から反感を招いた理由は、それがフィクションの作品だったからだ。それは豪州の兵士、豪州の国旗を汚し、豪州の軍人を残虐で無辜の子どもを殺害するような人物として描いていた。だから多くの豪州人が声を上げ、この件を非難した。これは自由民主国家の正常な反応だ。なぜならこのこと(趙立堅が漫画を転載したこと)は基本的な事実と異なっているだけでなく、個人ではなく政府がやったことだからだ」

豪州の与野党は、左派・右派を問わず中共を批判し、趙立堅氏が転載した漫画は非常に偏っており、侮辱的だと考えています。

豪州在住の研究者、張暁剛氏
「以前から我々はずっと憂慮していた。労働党なども含め、(豪州の政党が)中共に対して比較的弱腰だという点についてだ。だが現在、この反応を見るとこれらの政党はすべて中共のこうしたやり方に大きな反感を抱いているようだ。これは豪州人が中共の本質を認識する助けになるため、よいことだと思う。過去数十年、(豪州の)2大政党はこれに対する認識が甘かった。つまり、経済を過度に中国に依存していた。だが今、二つのことが豪州人を目覚めさせていると言ってよいだろう。その一つは中国と豪州のイデオロギーが対立していること、二つ目は武漢ウイルス研究所によって生じた影響だ」

豪州の与野党からの大きな反発を受けても、中共は謝罪を拒否し、公に何度も豪州側を嘲笑しました。外交部の華春瑩報道官は、豪州政府こそがアフガニスタン人に謝罪すべきだとも発言しました。

中共メディアも戦闘チームに加わりました。

また駐オーストラリア中共大使館は、豪州の一部政治家とメディアが完全に誤解して過剰反応していると述べました。

また「烏合麒麟」は11月30日に新作『モリソンへ』を発表して、モリソン首相を風刺しました。

豪州在住の中国史研究家、李元華氏は「豪州政府は今、法に従って兵士の起こした問題に対処しているが、中共はそれに尾ひれを付けて何度も宣伝している。実際にはこの機に乗じて報復している」と述べています。

豪州在住の中国史研究者、李元華氏
「貿易方面では、ロブスターは不合格だと言ったかと思えば今度は牛肉には問題があると言い、またすぐに大麦には反ダンピング関税をかけると言って次々と手を打っている。今はワインだ。つまり、彼らがいろいろな分野で手を下しているのは、豪州人を彼らの猛威に屈服させたいと思っているからだ。だが豪州はこれらの理不尽な脅威にさらされても屈しようとしない。それで中共は腹を立てている」

ある豪州政府職員は豪州の「看中国」記者に対し、中国のやり方は、世界のどの国とも同盟を結ぶことはできないことを意味しており、恐らく自分がどれほど愚かな間違いを犯しているのか気づいていない可能性もあると指摘しました。

ニュージーランド・フランス・英国政府が次々と豪州政府に対する支持を表明したほか、米国務省のケール・ブラウン副報道官も12月1日、連続3回のツイートの中で、中共の行為はモラルの最低ラインを超えたと批判しました。

モリソン首相はウィーチャットを通じて中共に対し、この事件は豪州が豪州国内の中国系住民のコミュニティに対する尊敬と感謝を削ぐものではないと公開メッセージを送り、さらに「透明性のある誠実な方法で問題に対処することはこの国の長所だ」と述べました。しかし、この投稿は2日夜にウィーチャットによって削除されました。

今回の騒動によって中国と豪州の間の外交戦が新たな局面に入り、豪州政府は中共の豪州いじめに反撃する新たな突破口を見出したと考える人もいます。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >