【情報最前線】ジュリアーニ氏:バイデンは「米国第一」から「中共第一」に

当選者と自称しているバイデン氏は、自身の政策を明らかにし始めました。それはトランプ大統領の「米国第一主義」に反対であり、移民・経済・銃規制・気候・国際関係などの面において、トランプ氏の政策を覆すことです。これについて、トランプ陣営の弁護士・ジュリアーニ氏はツイートで、「バイデンは『米国第一主義』に反対しているが、では誰を第一とするのか?明らかに、共産中国第一だ!中共はこのためにバイデン犯罪一家に数百万ドルも払った。第二はウクライナか、カザフスタンか、ロシアまたは他の国なのだろう」

ジュリアーニ氏にハンター・バイデン氏のハードディスクを渡し、脅迫に遭った店主が閉店

ハンター氏の「ハードディスク」事件において、パソコン修理店の店主であるマック・アイザック氏は、ジュリアーニ氏にバイデン一家の汚職・腐敗が記録されたハードディスクのデータを渡しました。『デラウェア・オンライン』の報道によりますと、マック・アイザック氏は脅迫に遭い、店を閉店し、現在は行方不明になっています。

パウエル氏 ジョージア州務長官に対し、Zoom会議の議事録の開示を要求

ジョージア州の1回目の再集計は、署名の検証が不十分だとして、トランプ陣営は2回目の再集計を求めています。24日、テキサス州の有名な弁護士、シドニー・パウエル氏はジョージア州のブラッド・ラッフェンスパーガー州務長官に対して、あるZoom会議へのアクセス権を要求しています。パウエル氏は今回、ジョージア州で数えきれないほど有権者の不正投票が発生し、現在まで多くの証人と宣誓供述書を集めました。

感謝祭前日、トランプ氏は元国家安全保障問題担当大統領補佐官フリン将軍の恩赦を発表

トランプ大統領は26日にツイッターで、元国家安全保障顧問フリン将軍が恩赦を与えられたことを発表しました。フリン氏はトランプ政権初任の国家安全保障問題担当大統領補佐官であり、トランプ氏が就任して以来、民主党は3年以上ロシアとのいわゆる「結託」疑惑、「ロシア疑惑」について調査したが、既に証拠不十分だとされました。

フリン氏の弁護士であるパウエル氏と保守派メディアは、FBIがフリン氏を意図的に陥れ、逮捕しようとしていることに対して、批判したことがあります。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >