中国臓器移植医「2023年までに中国を世界一の臓器移植大国に」専門家「とっくの昔に…」

中共衛生部の前部長、黄潔夫(こうけつふ)氏は先日ある臓器移植フォーラムに参加して、中国経済の発展「速度」を踏まえ、二年後には中国が米国を抜いて世界一の臓器移植大国になることを希望すると発言しました。中共によって生きた人間からの強制臓器摘出が行われていることは以前から数々の証拠が示されているため、こうした違法な臓器摘出に拍車がかかると憂慮する声があります。

中共臓器移植発展基金会の黄潔夫理事長は11月20日、北京で開催された臓器移植科学フォーラムに参加し、会議後に新京報からの取材に対し、中国の臓器移植産業は急速に発展しているが、まだ社会経済の発展ニーズを満たすことができていないとし、2023年までに世界一の臓器移植大国になるよう希望すると答えました。

黄潔夫理事長は米国では毎年3万件余りの臓器移植手術が行われているが、中国は経済社会が発展するスピードによって、この数が年間5万件に増えるはずだと述べています。一方、黄潔夫氏は臓器移植の産業化を行うと同時に、「驚くべき」目標を設定したが、実際には事実を隠匿しているのではないかと疑う声もあります。

中国問題研究者で、シドニー工科大学の哲学博士、凌暁輝(りょう・ぎょうき)氏は、実際には中国の臓器移植数はとっくにこの目標を上回っていると指摘しています。

中国問題研究者の凌暁輝氏
「中共の臓器移植は常に5万件を超えている。中共が法輪功学習者への弾圧を開始してから彼らの臓器移植手術の件数は直線的に上昇しており、この数を遠く引き離している。彼がこのような話に言及した主な理由は、彼が生きた人間からの強制臓器摘出に対する全人類からの責任追及を曖昧にしたいと考えているからだ」

8月13日、米国の雑誌「ナショナル・レビュー」は日本在住の中国人女性が中国へ渡航して心臓移植手術を受けた際に、中国側は10日の間に移植可能な心臓を四つ準備したと報じました。

凌暁輝氏は「過去に中国の移植用臓器の供給量が需要を上回っていた時期があり、当時は欲しければすぐに手に入っていた。まるでブタの腎臓を買うのと同じくらい簡単だったという人もいた。そもそも待つ必要もなく、すぐにマッチングできた」と明かしています。

中国問題研究者の凌暁輝氏
「だから中国の臓器移植は米国やその他の国を実際には遠く引き離している。中国に巨大な人間臓器バンクが存在することは国際的にも認知されている。生きた人間からの臓器を提供するための臓器バンクの供給源は主に、拘禁された法輪功学習者とその他の少数民族だ」
凌暁輝氏は、黄潔夫氏はいわゆる臓器移植産業の発展を大々的に喧伝しており、2023年までにより多くの医師を育成し、より多くの病院を開院しようとする目的は隠匿であり、この違法な臓器入手という罪を合理化することだと考えています。