中国の呼吸器専門家「武漢の中共ウイルスの重症者死亡率は40%」

中共ウイルスは昨年の年末から中国で猛威をふるっていますが、被害が最も深刻な武漢市の感染者数と死亡者数はずっと外部から疑問視されていました。中国の呼吸器専門家の鍾南山(しょうなんざん)氏は11月20日、武漢地区の重症患者の死亡率は40%に達していると明かしました。

11月20日、鍾南山氏は中国生物製品年次総会(CBioPC)で、中共肺炎による重症者の死亡率が非常に高く、全国の1.4%〜4.5%に比べ、武漢地区の死亡率は40%に上ると明かしました。

「希望の声」によると、米国のワシントン大学医学部とオハイオ州立大学は、武漢の火葬場から引き渡された遺骨の数量および各種の証跡から、武漢の実際の死亡者数は政府発表の10倍以上に上り、想像を遥かに超えるものであると分析しています。

 
 
 

ツイッター社「ツイートの検閲を世界規模に」

ツイッター社「ツイートの検閲を世界規模に」
報道調査機関のプロジェクト・ベリタス ...
続きを読む >