トランプ大統領がG20出席「環境保護と同時に雇用と経済を立て直す」

今年のG20サミットは、11月21日にサウジアラビアで開幕しました。トランプ大統領は、経済を復活させながら疫病流行に対応し、雇用を創出しながら環境を保護する必要性を強調し、各国との長期的な協力に期待を寄せています。

主要20か国首脳会議(G20サミット)の二日目の22日、トランプ大統領はパリ気候協定からの離脱は正しい判断だと発言しました。

トランプ大統領
「『パリ協定』から離脱してから、米国の温室効果ガス排出量の削減量はどの国よりも多い」

トランプ大統領の在任中、米国はエネルギーの独立を達成し、世界最大の石油・天然ガス生産国となり、同時に大気の質はトランプ大統領が就任した当初よりも7%きれいになっています。

トランプ大統領は、環境保護は雇用創出と米国の労働者を守ることと矛盾しないと述べました。

トランプ大統領
「『パリ協定』の目的は環境を救うことではない。 米国経済の首を絞めるためのものだ。 私は何百万もの米国人の雇用を諦めて、世界最悪の汚染者と環境破壊者に何兆ドルものお金を送ることを拒否する」

今年のG20サミットは、サウジアラビアが主催し、オンライン形式で開催されました。21日、トランプ大統領は開会式に出席し、経済成長と雇用を立て直しながら、疫病の危機に対処することについて他国の指導者と討議しました。

しかし左派メディアは、これがトランプ大統領の最後のG20サミットであり、トランプ大統領は選挙の不正に関する訴訟に焦点を当てているため、サミットには関心がないと報じています。トランプ大統領は22日、2日連続でG20に参加していたとツイートしましたが、一部のメディアはまたもや事実を報じませんでした。

現在、選挙結果が未定の州は少なくとも6つありますが、左派メディアはバイデン氏が大統領に選ばれたという誤った印象を作り続けています。

トランプ大統領はG20サミットで各国首脳に対し、「各国とまた長期的なパートナーシップを結べることを楽しみにしている」と語りました。

 
 
 

ツイッター社「ツイートの検閲を世界規模に」

ツイッター社「ツイートの検閲を世界規模に」
報道調査機関のプロジェクト・ベリタス ...
続きを読む >