インドは中国に対抗できるのか【チャイナ・アンセンサード】Can India’s Navy Counter China?

中国インドの間に 緊張が高まり
山岳地帯だけでなく 海上でも

チャイナ・アンセンサードへようこそ!キャスターのクリス・チャペルです。

この番組はSurfsharkの提供でお送りしています。SurfsharkのようなVPNを使ってオンライン接続時に 個人情報を保護しましょう。

さて、ここ数か月、インドと中国の国境紛争について何度かお伝えました。紛争が起こっているのはここ。インドと中国のチベット自治区の間にある実際の支配線に沿っている所。

今年の6月にインド人兵士20人と数不明の中国人兵士がそこでの国境衝突で死亡。この死亡者数は山中での実際の白兵戦も合わせたものです。

そして、インドの特殊前線部隊(SSF)で戦ったチベット人兵士が8月に起きた衝突で死亡しました。

9月下旬、インドと中国が紛争中の国境地帯への軍隊派遣の停止に合意。

しかしそれは国境紛争の終焉を意味せず、この時点でインド側が精々期待できるのは一種の膠着状態であり、つまり中国兵は領土の乗っ取りを止め、激しい衝突はもうないような状態。

基本的に「通常」に戻ること。まあ、かなり低い基準の「通常」に。

しかしインドにとって、中国共産党による陸上での攻撃に対抗する手段はそれほど多くありませんが、海上での対抗となると選択肢はたくさんあります。インド洋ではインドと中国の間における相手を出し抜くための静かな競争があり、それには米国も関わっています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >