米国の歴史を継承 トランプ大統領「1776委員会」を設立

9月17日は米国での憲法記念日です。トランプ大統領は、ホワイトハウスで開催された米国史に関する会議で、米国史の真実と米国の伝統的な価値観に基づいた教育プログラムを推進する「1776委員会」の創設を発表しました。

トランプ政府は9月17日、初の「米国史に関するホワイトハウス会議」を開催しました。

ペンス副大統領は演説の中で、現在の米国には、偉大な米国の歴史を覆そうとする勢力があり、悪と病んだ考えで次世代を教育しようとしていると指摘しました。トランプ政府が成そうとしていることは、米国の建国の父たちが引き継いできた偉大な思想を再確立することだと述べました。

その後、トランプ大統領は、歴史的真実に基づく愛国教育を推進するために「1776委員会」を設置する大統領令に署名しました。

トランプ大統領
「長年にわたり、急進活動家たちは米国人の沈黙を弱さと勘違いしているが、彼らは間違っている。 子供に対する親の愛ほどの力はない。愛国心が強い親は子供に嘘を教えるのをこれ以上許さない」

3か月ほど前から、米国の左翼勢力は「文化の廃絶」運動を開始し、警察や法の支配を弱体化させ、歴史的な彫像を倒しています。 トランプ大統領は、運動には左翼の政治家、建制派、マスコミ、一部の大企業までもが関わっており、米国を偉大な国ではなくそうとしていると指摘しています。

トランプ大統領
「我々は本日ここで、暴政を決して受け入れないことを宣言する。そして人種、肌色、信仰の異なる全ての人々のために、我々の歴史と国を取り戻す」

トランプ大統領は、ニューヨーク・タイムズが昨年立ち上げた「1619プロジェクト」を、米国の歴史における英国の植民地支配からの自由を求めた戦いを、奴隷を抑圧するための戦争として歪曲したものと指摘しました。

トランプ大統領
「米国人の建国運動は一連の止められない出来事を引き起こし、これらの出来事は奴隷制を廃止し、公民権を保証し、共産主義とファシズムを打ち負かし、人類史上最も公平で平等で繁栄した国を確立した」

トランプ政府は最近、連邦政府機関や公立学校が「1619プロジェクト」のような歴史を歪める教育プログラムを推進することを禁止しています。

トランプ大統領は、米国の偉大な歴史を称え、愛国教育を再構築するカリキュラムを求めています。

トランプ大統領は先日発表した2期目の優先事項の中で、生徒に学校選択の権利を与え、「アメリカ例外主義(American Exceptionalism)」を教育の基盤とすることを公約しました。