TikTokとオラクル社の提携案 今週審査へ

9月20日は、TikTokが米国でのサービスを停止させられる期限です。 ムニューシン財務長官は9月14日、親会社のバイトダンスとオラクルの間で技術提携の提案を受け、今週中に検討すると述べました。

複数のメディアの報道によると、北京のバイトダンスは米国での使用禁止を免れるため、TikTokの米国事業をマイクロソフトに売却することを拒否し、代わりに米国でのテクノロジーパートナーとしてオラクル社を選択したといいます。

14日、ムニューシン財務長官は、TikTok取引の最終期限は9月20日だと述べました。今週、対米外国投資委員会が国家安全保障上のリスク審査を行い、トランプ大統領に提案を出す予定です。

スティーブン・ムニューシン財務長官
「我々の角度から、コードの安全性と米国人のデータの安全性の保証が必要だ」

TikTokは、法律に違反してユーザー情報を収集し、セキュリティリスクをもたらすとして、複数の国で禁止されています。トランプ大統領は8月6日、バイトダンスに対し、45日以内にTikTokの米国事業を売却するか、米国での取引を禁止する大統領令に署名しました。それ以来、バイトダンスはマイクロソフトをはじめとする米国企業と協議を重ねてきました。

サウスカロライナ大学エイキン商学院教授 謝田氏
「これはおそらく中国側による提案だろう。 ここ半月間、少なくとも中国の会社を残すか、あるいは中共が引き続きコントロールできる再編成案をずっと模索している」

中共政府は8月下旬、米国による買収を阻止するためにTikTokのコアアルゴリズムを輸出制限リストに載せる新規定を発表しました。オラクルがバイトダンスのパートナーになれば、TikTokの米国ユーザーデータを処理すると言われていますが、今回の取引は売却ではなく再編成であり、バイトダンスとその投資家がどの程度株式を所有し続けるのかは不明です。しかし専門家は、トランプ政府がこの取引を承認する可能性は低いと考えています。

サウスカロライナ大学エイキン商学院教授 謝田氏
「トランプ大統領は完全に切り離し、米国の企業がすべてのデータベース、クラウドコンピューティング、およびそのアルゴリズムを所有することを望んでいる。重要なのは、アルゴリズムがどのように機能するかが、米国の企業によって制御されることだ。したがって、中共がこの部分をどうしても開示できない場合、最終的に中共は利益を捨ててでも、取引を殺す可能性が高い」

オラクル社のCTO、エリソン氏とトランプ大統領は個人的に親密な関係にあり、共和党の資金提供者でもあります。しかし専門家は、中共がこの関係を利用してTikTokが米国に買収されるのを防ごうとしているが、それは見当違いだと指摘しています。