中印国境で45年ぶりの交戦? インド「中共軍が警告射撃」

中国とインドの国境地帯では6月から衝突が続いています。中共軍の報道官は9月8日、インド軍が7日、実効支配線を越えて中国側に侵入し、警告射撃を行ったとインドを非難しました。一方、インド軍は国境を越えたことを否定し、中共軍が国境に近づこうとしたうえ、さらには警告射撃まで行ったと反論しました。

6月に発生した中国とインドの国境地帯での衝突から3か月が経ちました。緊張が依然として続く中、中共は8日、インドが45年ぶりに発砲し、双方が停戦協定に署名してから初めての発砲であるとインドを非難しました。

これに対し、インドは声明を発表し、越境を否定しています。中共軍の指摘は人々を誤解させるものであり、中共軍のほうが国境に近づこうとしたうえ、さらには空に向けて警告射撃を行ったが、これは双方の協定に反するもので、インドへの侵略行為であると非難しました。

インドメディア WION
「インドのジャイシャンカル外務大臣は、中印間の実効支配線(LAC)の状況は非常に深刻であると述べ、実効支配線(LAC)の状況は双方は政治面で深いレベルの対話が必要だと述べた。また 国境の平和と静けさは、中印二国間関係に基づいて構築される必要があると付け加えた」

インド軍は7日、国境の衝突で死亡したチベット人将校ニマ・テンジン氏の葬儀を厳粛に執り行い、棺にはインド国旗とチベットの象徴である雪山獅子旗の両方を被せました。

インド人民党ラダック地区元主席 ドルジェイ・アンチュク氏
「私たちはインドのために命を捧げたチベット人兵士たちを誇りに思っている。 ラダックとインド在住のすべてのチベット人は、私たちの国に多くの貢献をした。 私たちはニマ・テンジンの犠牲に敬意を表し、彼の家族の痛みと悲しみを分かち合いたい」

海外メディアの報道によると、インドのキレン・リジジュ(Kiren Rijiju)マイノリティ担当国務大臣は6日、インド人5人が中国・インド国境沿いで中共軍に拉致されたとし、インド軍はホットラインで中共軍側に連絡しており、現在回答を待っていると述べました。

先日、インド海軍とロシア海軍は、ベンガル湾で2日間の合同演習を実施しました。
双方の作戦統合のさらなる強化を目的としており、インドはインド洋地域への軍艦配備を大幅に拡大しています。

 
 
 
 
 

米制裁に対抗 韓国の半導体技術者を取り込む中国

米制裁に対抗 韓国の半導体技術者を取り込む中国
米国政府はファーウェイへの禁輸をさら ...
続きを読む >