インドが再度118の中国製アプリを禁止 国境衝突発生から3回目

9月2日、インドは再び中国製アプリの取り締まりをエスカレートさせ、スマホゲーム「PUBG」を含む118のスマホアプリが当局によって禁止されました。

今回禁止された中国製スマホアプリは、テンセントのPUBGをはじめ、タオバオ、アリペイ、百度、百度動画、WeChat Work、新浪ニュースなど118種類に上ります。

インド電子情報技術省が発表した声明によると、これらの118のアプリはユーザーの個人情報を無断で収集・漏洩しており、国家の安全と公序良俗を危うくするだけでなく、インドの主権と完全性をも脅かすものであるとしています。

インドは今年6月29日と7月27日にTikTokやWeChatなど106の中国製スマホアプリを禁止しており、インドの中国製スマホアプリの禁止措置はこれで3回目となります。

そして、今回の禁止措置は、最初の禁止措置と同様に、ヒマラヤ国境地域での中国軍とインド軍の衝突の後に出されました。最新のAFP通信によると、8月29日の両陣営の衝突では、少なくとも1人のチベット出身のインド軍兵士が死亡しましたが、今のところどちらも死傷者の公式の数は発表されていません。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >