中印国境で続く摩擦 インドが中共軍の挑発を非難

8月31日、インド政府関係者は中共軍が先週末に挑発的な軍事行動をとり、現状を変えようとしていると非難しました。両国間では、再び新たな対立が展開されています。

インド軍は8月31日、紛争中のヒマラヤ西部で国境を越えて丘を占領しようとしていた中共軍の試みを、インド軍が防いだと発表しました。事件は8月29日夜から8月30日未明にかけて、パンゴン湖畔で発生しました。インド軍が中国の動きを発見し、すぐに阻止したとしています。

インド側の声明では、中共軍は、ラダック東部での対峙期間中に、軍事的・外交的接触を通じた合意に反して、現状を変えるための挑発的な軍事行動を続けていると述べています。

一方、中共外交部の報道官は、中国軍は国境を越えていないと主張しています。

今回の衝突でインドと中国当局による、死傷者の発表はありませんが、AFPの報道によると、29日夜、インド軍の特殊部隊に所属するチベット出身の兵士がヒマラヤ地域にある中国との係争地帯で死亡したとチベット亡命政府が明らかにしました。

今年6月に発生した、中国とインドの国境地帯であるギャルワン渓谷での衝突で、少なくとも20人のインド兵が死亡しました。その後、数回の会談が続きましたが、中共軍とインド軍は、両国が完全な主権を主張するパンゴン湖沿岸などの国境地帯で対峙し続けています。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >