新疆に続き内モンゴルも 民族文化の抹殺を進める中共

近日、内モンゴルの学校では、モンゴル語の教育を中国語に置き換えるよう当局から指示されました。このことはモンゴル人の反発を招き、内モンゴルの各地で抗議活動が続いています。一方、当局は多くの抗議者を拘束しました。

先日、内モンゴル教育庁は文書を出し、9月1日から内モンゴルの小学校と中学校で、モンゴル語の教材を中国語に置き換えると通知しました。このことは、民族文化の抹殺政策であるととらえられ、国内外のモンゴル人の反発を招いています。

8月30日にネット上に投稿された動画では、内モンゴルのある学校で、生徒たちが学校の入り口に集まり、当局の中国語教育に対し抗議を行っています。多くの生徒が涙を流しながら、スローガンを叫び、学校の授業に出ることを拒んでいます。

生徒たちの行動は、「強権の前で跪くのを拒んでいる」と、多くのネットユーザーから称賛されています。

時事評論家の刑天行(けい・てんこう)氏は、チベットから新疆、香港に至るまで、中共は意図的に動乱を作り出してきたが、ついに内モンゴルの番になったと述べます。

時事評論家の刑天行氏
「中共が行っている全てが、一つのことを物語っている。つまり、中国内部の動乱を作り出し、人民の苦難を作り出しているのはまさに共産党自身であること。この邪悪な政権が倒れない限り、中国に住む全ての民族が侵害を受けることになる」

米国ウイグル協会主席のイルシャット氏は、中共当局は自身が制定した法律さえも踏みにじっていると述べます。

米国ウイグル協会主席のイルシャット氏
「中華人民共和国憲法では、各民族は自分の言語と文化および教育を発展させる権利を有し、それを保障するとしている。民族自治区の自治法でも、各民族は現地の言語を使用し、教育を発展させる権利があると規定している」

イルシャット氏によると、新疆ウイグル自治区では2016年の時点でウイグル語の授業が当局によってやめさせられています。一方、内モンゴル自治区はモンゴルと国境を接している点で新疆より有利なうえ、モンゴル人は非常に団結しているといいます。

米国ウイグル協会主席のイルシャット氏
「彼ら(モンゴル人)は、ウイグル人とチベット人の現在の処遇を目の当たりにし、抵抗しなければ自分たちも同じ目に遭い、最終的に収容所行きになることを知っている。だから彼らは必死に抵抗し、決して妥協しない。彼らの精神に敬服している。最後まで持ち堪えるよう、彼らに声援を送りたい」

ツイッターに投稿された動画によると、民族言語を守るために、内モンゴルの全ての人が一丸となっており、一人でも警察に拘束されると、全員が警察についていき、釈放を求めています。

ニューヨークに本部を置く、南モンゴル情報センター(SMHRIC)は8月29日、南モンゴルの政府機関に勤める幹部を含めて、社会の各界で大規模な抗議活動が行われていると伝えました。

内モンゴルの各地では生徒の保護者や教師も抗議活動に参加し、多くの学校の教室は空っぽで、牧民たちも各地のデモ抗議に参加しています。

8月30日夜、内モンゴル・通遼(つうりょう)市のある中学校では生徒たちが学校に居残るよう強制され、保護者らが子供たちを家に連れて帰ることを求めると武装警察に鎮圧されました。ある生徒は、母親が警察に殴られたことを知ると、校舎の4階から飛び降りて抗議し、死亡が確認されました。生徒の母親は警察に拘束されました。

各地の抗議活動は当局の鎮圧に遭っています。南モンゴル情報センターによると、すでに数百人のモンゴル人抗議者が当局に拘束、または自宅軟禁されています。また、生徒や保護者も警察に殴られたり拘束されたりしています。さらには、ウイチャットのグループで抗議関連のことを討論すると、グループが閉鎖され、さらには拘束されるとのことです。

当局の容赦ない鎮圧にもかかわらず、内モンゴルの人々は、民族文化が抹殺されるのを座視するわけにはいかないと、最後まで戦う堅い決心を示しています。

 
 
 

ツイッター社「ツイートの検閲を世界規模に」

ツイッター社「ツイートの検閲を世界規模に」
報道調査機関のプロジェクト・ベリタス ...
続きを読む >